スキンケアの大きなチャンスタイム

洗顔を終わらせた、その後の10秒間はスキンケアの大きなチャンスタイムだということを知っておきましょう。

毎日のお風呂の後、シャワーを使ってさっぱりした後、洗顔フォームなどで汚れを落としきった後の肌は、乾ききった砂漠のような状態だと考えてください。

短くて重要なこのラッキータイムに肌に何もしてあげないのは大変もったいなく思いますし、大事な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもいいくらいです。

洗顔したら、手早くタオルで水気をとってたっぷりの化粧水で肌のケアを行ってください。

飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、美肌効果も期待できます。

また、酒粕はパックとして使え、くすみを消すのに良いそうです。

市販の酒粕を細かくして、ボウルの中で水を加えてペースト状にし、固まりのない状態になるまで混ぜていきます。

小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、全体がなめらかになればパックとして使えます。

ただし、アルコールに弱い方には勧められません。

ダイエット効果は高いし、デトックスにもなるというので、以前から気になっていた、ファスティングダイエットに挑んでみて、嬉しいことに、一気に3キロも体重が減りました。

きれいになりたい、というその一心でファスティングを頑張ったのですが、鏡の前に立って、しげしげと眺めてみたら、ダイエットで見かけは少しすっきりしましたが、顔のしわが確実に増えています。

このことと、ダイエットがどう関係しているのかわかりませんが、タイミングとしては何とも言えませんから、ともかく、今はスキンケアを重点的に行うつもりです。

最近の話です。

肌のケアをしていた時にふと思いついたことがあります。

個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。

目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかがどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、ちょっと前から炭酸パックを試していて、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃から細かいしわなどはいつしか気にしなくなってました。

炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいですね。

顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。

この年齢になってくると、なかなか身体の疲れがとれないことを実感しますし、巨大なクマやほうれい線が激しく存在アピールを始めるようになります。

38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、ちゃんをケアをして睡眠をとれば復活を遂げていたはずなのですが、38歳以降元の調子に戻るまで、相当時間を必要とするようになって、疲れた状態が続いています。

元気になる日がくるのでしょうか。

できてしまった顔のしわは仕方がない、と諦めてしまう人は多いようですが、しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。

貼りつけて気になるしわを取るこのしわ取りテープですが、少し前にテレビの番組でコスメ関連にとても詳しい芸能人によって紹介されました。

紹介者も愛用しているということです。

顔の取りたいシワにテープを貼るだけなので、使い方は簡単でした。

貼りつけている間は引っ張られ、顔が引き締まった気がするそうですが、長時間使用し続けるのは、肌への負担も小さいものではないようで、貼りつけた部位が赤くなったり、荒れてしまったりすることもあるようです。

しわ取りテープの使用でシワどころではない肌トラブルに!なんてことのないよう、決められた使用方法はちゃんと守りましょう。

毎日2リットルの水分補給は全身の代謝を促進すると言われます。

お肌のことを考えても、水を飲むことは大事です。

水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物や有害物質がたまることでお肌のくすみやシミが目立ってしまいます。

さらに、肌の乾燥を引き起こし、顔全体にシワが増えて増えることになります。

ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。

近頃、肌の調子上がらなくてどうしたらいいかな、なんて鏡を見てつくづく思ってしまうようになってしまったら、三食毎日摂取する食事の内容を見直し、変えてみることをおすすめします。

毎日毎日の食べ物が変わると、肌も目で見てわかる程の変化をします。

シワ、シミをはじめとする各種肌トラブルについても、薄くなるなどの改善がみられるようになりそうです。

なにしろ私たちの身体は、毎日摂り続ける食べ物によってできているのですから。

難しく考えずに「暴飲暴食をしない」といった辺りから始めて、それから食事内容の吟味に進めばよいでしょう。

これは地味ながら究極のアンチエイジングかもしれません。

食事により、身体の根本からアプローチするこの方法は、効果はゆっくりですが、必ずあらわれてくるはずです。

ストレス解消のために甘いものを食べてしまう方はお肌のために控えてください。

砂糖などの糖質が、お肌のくすみを引き起こしていることをご存じでしょうか。

糖分とタンパク質が結合することで、老化の進行を早める糖化物質が全身にたまってくるのです。

お肌のコラーゲンが糖と結合することで、黄ぐすみ状態になったり、シミの悪化や、シワ、たるみの原因になったりする事態を招いてしまいます。

メイクで年齢を多少誤魔化すことはできますが、肌は誤魔化しが効かない、と感じています。

パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。

ここは細かいシワもでるしクマも居座るしで、年齢が上がるに従って、ここの部位に悩む人は増えるようです。

肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが加齢によってなくなっていくと、つまりは肌がしぼんだということなので、その分シワが出てきます。

ホワイピュア 口コミでも、どの部位のシワで悩む人が多いのかというと眉間、口の両端、目の下と目尻、あとは額などで、しわなんてどこに出来ても嬉しくないということは間違いないですね。