舞台の上で泣いた記憶があります

全国にあるわけではないのですが、私の住んでいるところでは昔からお祭りや、イベントなどで、お神楽を奉納したり披露したりする事があります。

小さい頃から、近くの神社でお祭りがある度に、お神楽の奉納があり、いつも楽しみにしていました。

お神楽とは、お面を被って太鼓や小太鼓、鐘や笛のお囃子で舞うものです。

お面は主に鬼やひょっとこ、姫や様々なものがありますが、神話に出てくる神様の物語を舞で表現しています。

小さい頃、柴曳きという演目で、鬼に追いかけられ捕まり、舞台の上で泣いた記憶があります。

怖いながらにも、何か引きつけられる魅力があり、ドキドキとワクワクが止まりませんでした。

私が小学生の頃、いつもとは違う神楽座の奉納があり、そこで子供さんが舞ってました。

それを見た私は、「子供の私でもできるの?」と、興味が湧いてきましたが、その当時私の地区では、子供が入れる神楽座がありませんでした。

私も、お神楽をしてみたいという気持ちは、大人になってからもずっとありました。

そんなある日、知り合いからお神楽をやってみないかと言われ、即座に入らせてもらいました。

私は、舞よりお囃子に興味があり、まずは篠笛を練習させてもらいました。

お神楽の笛は楽譜もなく、音色も難しく耳で覚えるしかなかったのです。

4ヶ月でなんとかマスターし、初デビューしました。

その時は震えが止まらず、緊張も凄かったのを今でも覚えています。

神楽が始まってからの記憶はまったくなく、終わった途端に、なぜか涙が止まらなかった事は覚えています。

神楽を始めてから6年、今でも神楽の魅力に、ますます洗脳されています。

現在、私の神楽座では若い子が少なく、これから先どうなるんだろうという不安があります。

私は、昔ながらの伝統芸能を、今後も子供達に引き継いで欲しいと思っています。

ですが、マルチポリフェノールの口コミによると、最近の子供達は家でゲームばかりやっているから、若いのに体は中年体型なんだそうです。

そんな私も、年齢と共にお腹ポッコリの中年体型になったので、口コミで評判が良かったマルチポリフェノールのダイエットサプリを飲んでいます。