もはや常識になりました

最近では、オールインワン化粧品がもはや常識になりましたよね。

その中でも、エイジングケアと称したオールインワン化粧品には、メーカー各社がこぞって力を入れているようです。

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドというような、肌の保湿と関連するものが少なくありません。

ですが、アスタキサンチンも話題になっていることもあり、色の赤いエイジングケア化粧品がたくさん出てきています。

だけど、肌の調子が良くない場合には、セラミドを配合しているものを使って方がいいと思います。

セラミドとは、角質層の細胞間で水分や油分を所持している「細胞間脂質」のことです。

角質層というものは、角質の細胞が沢山重なっていて、このセラミドがあることによって細胞同士を繋ぎ止めています。

セラミドは、肌の表面の健康を保つガードのような働きもあるため、これが減ってしまうと、肌が著しく荒れることになります。

私は最近、幅広い世代の人と会う機会が増えて、とても実感することがありました。

シワが出来る肌質、出来にくい肌質というのがあるようで、肌が柔らかい人ほどシワが出にくいみたいですね。

いずれ歳を取ってシワシワになるとしても、若く見える年数が長いほど嬉しいですよね。

だから、スキンケアは気をつけなければなりません。

私も法令線みたいなシワが気になってきたので、肌質を選ばないという炭酸パックを始めてみました。

これが意外と効果があって、肌の柔軟性が実感できるようになり、いつのまにか肌のくすみやシワ、たるみなども目たたなくなってきました。

友だちとスキンケアの話をした時でも、肌の柔軟性とシワの関係って「あるある~」って言って盛り上がりました。

なお、スキンケアをしないと、どんな変化がおきるかというと、ほとんどの人は肌がボロボロになることをイメージすると思います。

ですが、実際はまったく別で、ラプカルムの効果みたいに意外に肌はきれいになるんです。

化粧をするのは肌への負担が強いので、なるべく使わないようにして、ワセリンだけで肌ケアするのが、1番優しいスキンケアなんだそうです。

また、シワやたるみには、表皮の薄さも関係しています。

中々、肌のハリが回復せず、しわがクッキリしてきた気がしたら、今までと同じスキンケアを続けるのではなく、ご自身の肌タイプについて考えてみてください。

冬場などに口元や目元が乾燥したり、くすみやすい人は、残念ながら注意が必要です。

肌の水分蒸発を抑える表皮が薄いと、表皮細胞の再生機能が弱まるため、くすみやすく、肌の老化スピードが早まってしまいます。

いままでシワがないから大丈夫と思っていても、薄い皮膚は厚くはなりません。

肌質に本当に合ったスキンケアを中心に、お手入れ方法を切り替えたほうが良いでしょう。

特に、美容成分が多く含まれた化粧水や美容液などを使うと効果的で、保水力アップが期待できます。

さらに、スキンケアはコラーゲンやアミノ酸などの化粧品を選ぶのがいいと思います。

血流をよくすることもスキンケアには大事なので、有酸素運動やストレッチ、半身浴、ウォーキング等をおこない、血流の質をよくしてくださいね。